仮想通貨は儲かる?リスクはあるのか

今からでもまだ遅くない!仮想通貨のリスクと始め方

なぜ儲けるのか?その仕組みを公開

2017年あたりから耳にする様になった仮想通貨ですが、大きな事件が起きた事もあり世間一般からはあまり良いイメージを持たれていません。しかも漠然としたイメージだけで、よく理解していないまま仮想通貨自体を非難している方もいます。
そもそも仮想通貨とはなんでしょうか?事の始まりは2008年でした。サトシナカモトという人物がネット上に仮想通貨の仕組みでもある、ブロックチェーンの論文を公開したのです。
このブロックチェーンというのは、P2Pという個人のPCネットワークにアクセスしてネットワークを構築するので、負荷が少なく安全なサーバーを構築出来るシステムです。そのP2Pの仕組みを利用し、ブロックチェーンが作れると公表しました。そのデータを見たエンジニア達がブロックチェーンを開発し、世界に流通するかを目的にゲーム感覚で仮想通貨を取引していました。
この時点では価値はなかったのですが、実際に取引が行われたのは何とピザと1万もの仮想通貨でした。現在の価格にするとそのピザは7億と恐ろしい価格になります。ここから徐々に価値が出てきて、今日に至ります。
それまでに成長と反抗、下落と上昇を繰り返し日本でも有名になったのが2016年あたりからでした。しかし「仮想通貨は本当に儲かるのか?」と疑問視する方も増えてきました。一種の投機ですので、全ての方が儲かるのは難しいですしある程度未来を読むコツやフットワークの軽さが重要になります。
ここではそんな仮想通貨の仕組み、儲けるためのプロセスを紹介しています。

TOPへ戻る